園の特徴・教育方針
 
 


生まれたばかりの青々とした若葉たちは、
まるで新しい世界を知ることに一生懸命になっている子どもたちのように、
ほんの小さなそよ風にも敏感に、そしてにぎやかにざわめいています。
太陽の光をたくさん浴びながら、小さな身体をぐんとのばし、
日に日にたくましくそだっていく若葉。
そんな若葉をお手本に、異なった個性を持つ子どもたちが
健やかに成長していくための環境づくりを目指す
札幌若葉幼稚園のスローガンは “キラキラ個性の玉手箱”。
たくさんのお友達とのふれあいのなかで、社会性や思いやりの心を養い、
何事にもくじけることなく、たくましく元気に育ってほしい。
私たちは、緑豊かなこの園での生活を、
キラキラと輝く個性がいっぱい詰まった心の玉手箱の、
固く結ばれていた紐をほどくきっかけにしたいと考えます。

   
 
 
       
  健康な体を維持するための基礎作り

体を十分に使った遊びを通して体力を培い、健康な体と強い心を育てます。
体力の増強が病気に負けない健康な体作りの元になり、気力を向上させる大切な基礎になります。

人と関わり豊かな社会生活を送るための基礎作り
人と人との付き合いの基礎を学ぶ一番大切な期間が幼稚園に在籍する3歳から6歳までの間です。たくさんのお友達と遊び、けんかもしながら仲直りの仕方もおぼえます。        
         
考える力を培うための基礎作り        
話す、聞く、読む、書く、数えることが考える力を育み、子供たちの世界を大きく広げます。
楽しい遊びの中で無理なく「もじ・かず」や「英語」などに興味や理解を深める事が大切です。
       
         
感性、創造性を豊かにするための基礎作り        

隣接した「わかばキッズランド」の菜園で土に触れ、林で木登りをし、虫探しをしたり、落ち葉拾いなどをして自然に親しみ、自然の不思議さや美しさに驚き、感動する心を養います。
また、音楽あそびなどを通して感受性や創造力を育みます。

     
     
                                                   

 
                       
        都心部の幼稚園には少なくなった、子供達が自由に伸び伸びと動きまわれる環境が整備されています。

  ・広い園舎、園庭、グラウンド
  ・隣接する「わかばキッズランド」(菜園・林)
             
                                                   
        広い園舎・園庭     広いグラウンド              
広い園舎・園庭
   
広いグラウンド
     
                                   
大ホール     小ホール      
       
大ホール
 
小ホール
 
                                   
園舎玄関     四季折々の花が咲く花壇      
       
園舎玄関
 
四季折々の花が咲く花壇
 
                                   
木のぼり(林)     落葉ひろい(林)      
       
木登り(林)
 
落葉ひろい(林)
 
                                   
じゃがいも収穫     とうもろこし収穫(菜園)      
       
じゃがいも収穫(菜園)
 
とうもろこし収穫(菜園)
 
                                   
ラディッシュ収穫(菜園)     トマト収穫(菜園)      
       
ラディッシュ収穫(菜園)
 
トマト収穫(菜園)
 
                                   
                                                   
                                                   
                                               

体を十分につかった遊びをとおして、元気でたくましい体と強い心を育てることを基本としながら、次の保育を実践しております。

体操・かけ足 ・・・
5〜9月の天気の良い日は毎朝グラウンドで実施します。
元気な体の基礎を作ります。

ドッジボール ・・・
年少のころがしドッジボールに始まり、年長は秋に大会を実施します。
チームプレーの楽しさと大切さを学びます。

縄跳び ・・・
年少から縄跳びを個人持ち教材とし、年中・年長は、大会を実施します。
記録や技の種類に挑戦することで、集中力や持続力を養います。

体操教室 ・・・
コスモスポーツクラブの講師による体操教室を年少、年中、年長で実施します。年齢に応じたカリキュラムによる体育あそびは、子供達が楽しみにしている時間です。

もじ・ことば、かずあそび
     (わくわくタイム) ・・・
学研の講師による「わくわくタイム」を年長で年間22回実施します。
ゲーム感覚の遊びの中で楽しみながら、もじ・ことば、かずへの興味を深め、子供たちが自ら試し、確かめる過程を大切にして考える力を育てます。
遊びを通して、もじ・ことば、かずの力を就学前に無理なくつけます。

英語あそび ・・・
平成26年度からECCの講師による「英語あそび」を年中・年長で実施します。何度も同じフレーズを耳にしながら歌ったり、踊ったり、ゲームをしたりする中で、日本語を介さずに英語を理解し、反応できる力を育てます。英語が「好き・得意」になるかは、幼児期の英語体験がカギとなります。

音楽あそび ・・・
音楽の楽しさをたっぷりと体験することは、感受性・協調性や表現力の発達に重要な役割を果たします。年少ではいろいろな楽器に触れリズム打ちを楽しみ、年中では鍵盤ハーモニカに親しみ、年長組では本格的な器楽合奏に取り組みます。また、専任講師による歌唱・器楽合奏指導があります。

抹茶教室 ・・・
年長児を対象に表千家茶道講師が年間5回指導します。
お抹茶がかもしだす凛とした雰囲気の中で、日本の伝統文化に親しみ、立ち居振舞いから礼儀作法を学びます。

アートワークショップ ・・・
専任講師によるアートワークショップ(絵画・造形教室)を希望者に年間7回実施します。
子供達の中に埋もれている「あそびの心、好奇心、未知への興味等」表現の楽しさを引き出します。

果実狩り ・・・
年少・年中は八紘学園でりんご狩り、年長はキムファームでいちご狩りを楽しみます。

わかばキッズランド ・・・
隣接する「わかばキッズランド」の菜園で土に触れ、林で木登り、虫探し、落ち葉ひろいなどをして、自然に親しみ、自然の不思議さや美しさに「なぜ?どうして?」と驚き、感動する心を育みます。
菜園ではじゃがいも、とうもろこし、トマトや二十日大根を植え、成長の過程を観察しながら収穫します。
収穫した野菜は昼食の一品にしたり、家に持ち帰ります。

   
体操
かけ足
ドッジボール
縄跳び
体操教室
もじ・ことば、かずあそび
英語あそび
音楽あそび
抹茶教室
アートワークショップ
りんご狩り
いちご狩り
 
   
   
1965年12月
(昭和40年)
札幌昭和学園札幌若葉幼稚園設立
1966年4月 札幌若葉幼稚園第1回入園式
2018年3月 第52回卒園式、開園以来の卒園児数6,407名
2018年4月 9クラス、園児数309名
 
 

     
  ○年少組は3名担任制、年中組は2名担任制、年長組は1名担任制です。

○年少組 男女比、バス路線および発達状況などに保護者の希望を加味してクラス編成します。
○年中組 年少組を一旦解散し新入園者を加えてクラス編成します。
この場合、同じ小学校に進学するお子様を、できるだけ同じクラスに集めます。
○年長組 年中から年長へ進級する際は、クラス替えを行いません。
 
年少組(3歳児) 3クラス
年中組(4歳児) 3クラス
年長組(5歳児) 3クラス
 
       

                                                 
 







子育てに関する講演会や園バスを利用しての工場見学など会員同士が親睦を深めながら楽しめる活動をしています。

運動会やお遊戯会などのお手伝いは、各ご家庭の状況に応じて画一的な負担にならぬよう配慮しております。

 
                     
                                 

園の特徴・教育方針のトップへ戻る

学校法人 札幌昭和学園
札 幌 若 葉 幼 稚 園
札幌市豊平区月寒東2条18丁目9-11
  TEL 011-851-8888  FAX 011-852-2501